エウラリアの楔 1st fragment CD 『エウラリアの楔』 特設サイト

Story

時は16世紀初頭。
人々は未来への展望を陸から海へと移し、航路航海や大陸発見に夢を乗せ、
様々な文化や豊穣を交易し、富を得ていた。

しかし同時に、そのような船舶を襲い略奪する
海の荒くれ者…海賊達の跋扈する時代でもあった。

欧州海峡地帯を根城とする女海賊ナタリアはある日、
実姉であるアナスタシアから奇妙な一通の手紙を受け取る。
曰く ナタリアの婚儀に祝いの品を送る、と。
ところが、祝いとして送られてきたのは、品物ではなく、
まるで人形かと見紛う銀髪の少女。

アナスタシアの策略に嵌り、
最愛の数珠鳩ディオスを質に捕られたナタリアは、彼女の指示に従い、
海軍将校エヴルー伯レオンの下に少女を送り届ける事となる。

時を同じくして町では奇怪な噂が流れていた。
名門アルバ家の当主が怪死を遂げ、
莫大な財が眠る宝物庫の鍵が何者かに盗まれたという。

波乱に満ちた大航海が、ここに始まる……。